お金は無いけど暇はある人のブログです。
プロフィール

ことり

Author:ことり
夫は完全自営業。

再婚を機に節約生活を研究しています。

外で仕事できない理由がありネットで収入を得て暮らしています。

年齢 40代 

家族構成 夫婦二人と猫+セキセイインコ

低コストライフ
節約生活の参考にしています♪
ブロとも申請フォーム
雑誌読み放題
月380円で雑誌が読み放題☆
検索フォーム
アクセスカウンター
洋服&靴
何かと買ってる~
セール!開始
                                         
今、ちょっと遺族年金について調べています。

私も40代ですし、老後のことを考えると年金の受取額のことなど
ちゃんと知っておかないとマズイ
もし不充分なら、今から対策を考えないと(遅いかもしれないけど)と思いまして。

私がなぜ遺族年金を気にしているかというと



この本の中で、

個人事業主の妻で子どもがいない場合
遺族年金は受け取れない


と、書かれていて
このことについて知らなかったので 非常に驚いて!!

家は現夫との間には子どもがいないので、どうしたらいいんだ!?と不安になり
調べ始めたのですが・・・・

年金、複雑。
過去に厚生年金を25年収めたのであれば、遺族厚生年金として受け取りが可能だそうで
これまた話が変わってくる。

好む好まざる関係なく、日本の経済状況から自営業に転職されるご主人が増えてると
思うんですが、会社員だったときより年金に関することが大きく変わってきてしまうんで。
厚生年金から国民年金に変って年金の受け取り金額に差が出るだけでなく
世帯主の死亡後の家族への補償も大きく違うので対策が必要のようです。
夫婦とも自営で国民年金の場合、高額な生命保険への加入が一般的みたい~
あとは個人年金での受給金額を増やす方法。

国民年金の場合、自営の夫が死亡し老齢年金の受け取りがまだだった場合
独自の制度で寡婦年金というものがあり、妻に60~65歳の5年間4分の3額を支給されるのですが
婚姻期間10年以上という条件があります。

年金・・・どのようなものに対しても条件 があり
それを満たしていないと一円も貰えないわけです( ;∀;)
知らなくて機会をパーにしたなんて避けたいですよね。

国民年金の受取額は今のところ年額780,100円、月にすると65,000円。
これに介護保険料と後期高齢者医療保険料の支払い請求が来ます。

私が老人になる頃には、どうなっていることやらですが
歳取ったら動けなくなる・・・稼ぐことが出来なくなるのは明白なんで
今のうちから出来ることはやっておかないとと思っています

年金に関して、勉強不足で分からないことだらけ。
就職のときに興味もっとくべきことね(=_=)
今の年齢でこんな状態で、情けない・・・

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

2016/03/08 13:56 未分類 TB(-) CM(-)
記事一覧
格安賃貸
格安賃貸都内最大級!【部屋まる。】 家賃三万以下コーナーに驚きの格安賃貸物件があります!本気の生活コスト削減は居住費攻略から!
スキンケア