2016/04/12

今日は家に宗教の人が来たので

ピンポーン。

家、色んな人が来ますよ・・・新聞の勧誘から始まって、まぁ色々。

インターホンで誰なのか確認してから出ればいいのですが
たまに宅配待ってたりして、そのまま出ちゃったりするんですよねw
今日はまさにそのパターンで、玄関のドアを開けたら
見知らぬ女性が立ってて

しまった!と思うが遅し(=_=)

女性は訪問で有名な某宗教団体の人でした。
女性の手に持ってる資料みてすぐ分かったので気が楽だったのですが
ドア開けて驚きだったのは、名乗りもせずに

資料を片手に、神の教えについて、とうとうと話始めたこと。
今は春でストレスを感じる人が多いとかなんとかって
おいおい、いきなりかよ(;´Д`)
随分、強引なんで~私もどこの団体か知ってるのをいいことに
ちょっと待ってくれ!ってやり返した。
そして、昔、友人がそこの関係者だったので勉強会も参加したが教えに納得出来なかったと
言ってみた。

その世界にどっぷりと浸かっている人には分からないみたいだけど
免疫のない人間からすると、教本の言い回しなどが独特で意味が掴めない(>_<)
それに、いきなり初対面の人間に教えの押し売りとは強引すぎる。

家に来た女性に
りんごが欲しくない人間にいきなりリンゴを渡されても売りますって言われても困るって
訪問される側の気持ちも考えてくれってぶつけてみた。

そして、本当に神がいると思っているのか?と質問。

敵もさるものである。
神の教えをスマホ画面で示しつつ、神とは見えないものであると言い出した。
そっかぁ最初から見えないという前提で存在させてるのだから
これは本当にうまい。
見えないけれどもあるのだよと、それは肉眼では見えない細菌類の話だが
細菌は顕微鏡を使えば見えるし、電気も電波も機械で計れる。
じゃ~神様は???

無い!それが神様というものです。
裸の王様みたいな話じゃないかw

ある!とみんなが言えば、それはあるので在る。

私は女性に人が神様を信じたいという気持ちは理解できると伝えた。

そんなに見知らぬ他人の家を訪問するくらい素晴らしい神の教えで人を救いたいのなら
もっと本当に世の中困っている人に目を向けて活動して欲しいと言っといた。
訪問できるくらい毎日に余裕があるのなら
親に食べ物を与えて貰えず万引きするしかない貧困の子供や
仕事がなく困っている若者や身寄りのない独居老人や、介護で困っている人など
今の日本で幾らでも救われたい人はいるだろうし
神の教えとまでいかなくても
他人のちょっとした助言で助かるケースも多々あるみたいだから
人を救うという目的なら、やすやすと達成できるだろう。

何か与えたいなら本当に欲している人にして下さいと。

でも分かってる、あの人たちの本当の目的ってそこじゃないんだよね。

スポンサードリンク にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

ブログランキングに参加しています☆