2016/05/16

新車が実質二千円 ふるさと納税、富裕層の節税策に

貧乏庶民が消費税アップであえいでいるところに、こんなニュースが。

新車が実質二千円 ふるさと納税が節税策に

これ読んで、あ~やっぱり と思いました(=_=)

ふるさと納税のやり方を調べたときに

収入が多いほど使える枠が大きい

ことに疑問を持っていたんです。

ふるさと納税っていうのは、確定申告のときの寄付金控除というのを利用するもので
みんな一律の金額ではなく、年収や家族構成により上限金額が決まる。
年収が多いほど、使える金額が上がるのです。

ふるさと納税にしても、低所得者には意味がなく
収入が高い家庭ほど、高いお肉とか高級ブランド米などに化ける。
その分、生活費を浮かせることが出来るので、なんて不公平なんだろうと
貧乏庶民な私は憤慨していたんですが~

ニュースを読んでつくづく

お金持ちはとにかく払わなくていいようになっている。

低所得者ほど、なんでもかんでも自腹で払わなくては行けなくて
お金持ちになるほど、多額な経費が使えたり、今回のふるさと納税の件など
自分のお金から払う必要がなく、貯まったお金でまぁた稼いだりして~
どんどん資産が増える一方なのよね。

極力、自分のお金は使わないようにして贅沢はその他の対策で賄う。
高級外車を自分の給料から買って乗ってるのは笑われる。

ふるさと納税の件で寄付金控除のことを知ってから
有名人が寄付してても、払うべき税金を回しただけでしょうって、めちゃ冷めた気持ちでしか
見れなくなった

成功者が「欲しい物なんて経費が使えるようになってからでいい」って言いきってたけどその通り。

貧乏を自覚するなら、こんな現実があると
貧乏人ほど無駄使いしてる場合じゃないと
財布の紐を締めて生活しないと、本当にバカみたい。

スポンサードリンク にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

ブログランキングに参加しています☆