無理のない節約を・・・
記事一覧
低コストライフ
節約生活の参考にしています♪
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
アクセスカウンター
洋服&靴
何かと買ってる~
お試し無料
安い眼鏡
スキンケア
                                         
日々、節約に頑張ってお金のことに関心のある人には、自分の老後はどうなるのか
大きな関心ごとだと思います。
現在、貧困老人、下流老人と言われる人の増加が目立ち、日本の景気もさっぱり浮き上がらないことからも
さらに下流老人に陥る人が増える見込みで
下流老人になりたくないのなら、じゃ~どうしたらいいのか・・・
私は今40代なんですけど、40代50代の人たちが一番強く関心持ってるかもしれないですね。
この年代は現役で仕事してますし、60代までまだ時間がありますので
生活を見直そうと思えば、まだやりようがあるかのような・・・
20代30代のときは、老後のことなんで、実感薄いと思うけど40代になって実際に親が年金で生活している
様子をつぶさに見ることになると、自分のことを嫌でも考えるようになってきます(´・ω・`)

夫の両親、私の両親の生活をサンプルにさせて貰うと一番大きく思うのは
「老人になると本当に体が動かなくなる、病気が出てくる事実」です。死ぬまで仕事をし続けるなんて
絶対に無理だよね と痛感。このことが若い時には、分かりにくい。
今は様々な世代との交流自体が薄くなっているので余計感じにくいと思う。
確実に動けなくなる老後というものがやってくるのは目に見えているのに、今動けるうちに対策を
打っておくのは、おかしくもなんともなく。稼げる時というのは今の生活費のみを稼いでいるのではなく
同時に老後の動けなくなった分も稼いでいると捉えたほうが、老後自分が苦しまずに済むのではないかと。

老後のお金の対策については貯金や年金など、お決まりの物がありますが
それらは早いうちからコツコツと積み上げが必要なので
若いときから関心持って取り組まないと手遅れになりますね。
それと、今後の問題としては自分だけが真面目にやっていれば大丈夫というわけではなく
結婚しない兄弟や自分の子供の問題や介護問題に雇用問題、離婚などなど。
外的要因で備えを崩されてしまう要因が山盛りで、そこも注意して動かないと余裕のある老後なんて
迎えられそうにないと思います。
雇用問題で年金の確保すら危うい状態で(それよりも年金基金が破たんするかも)し
自分が本格的に老人になっている年齢の30~40年後には、どうなってるんだろうね?と先が恐怖です。

IMG_4846.jpg

PRESIDENT (プレジデント) 2016年6/13号

Tポイントが貯まってて、マネーレスで買えたので今回買って読んでるんですけど
年金に関しては、逃げ切り世代と逃げ切れない世代というのがあり、50代半ば以下の人間は全員
逃げ切れない世代だそうな。分かっているけど私は完全にアウトである(笑)

現在の厚生年金で年金を貰っている人の支給額と生活保護の支給額がほぼ同額の約14万程度。
今後はまず、この金額を下回ると思う。

プレジデントを読んで、ちょっとうーんと思ったのは月14万で下流老人、お金足りないでしょう?とみなしていることだ。
節約カテのブログを読んでる皆さんには、月14万も入って来たら、全然いいじゃん!って思うよね?
私は、すっごいじゃん!って思うんだけど(笑)サラリーマン家庭の月手取り30から40万で暮らす
習慣が付いている人たちには、かーそんななんでやってられるか!となるらしい、分からんでもない。
そして、老後に大問題なのは年支給開始までの定年退職してからの期間である。
収入がゼロの場合、貯金を切り崩しての生活となる。この点だけでも老後に必ずまとまった現金がいる。

下流老人を回避する、確実なプランは厚生年金の納付(25年)とそれなりの現金と
年金の金額で生活出来るように、家賃ゼロの住宅の確保。

老後のための、それなりの現金の確保なんですが、これが雇用の不安定と企業の給料ケチから
根底からぐらつかされている。
そこに介護離職が加わる。

よくよく用心して立ち回らないと、確立が難しい。

プレジデントには、そこのところの注意点を詳しく解説してくれているが
現在の自分がどのあたりにいて今後どうすべきかは人それぞれケースバイケースなので
自分で考えて動くしかないと思う。

子どもがいる人は将来子どもが結婚しないことも想定に入れて老後を計画しないと
延々子どもにお金がかかって貯金するチャンスを逃すって。
実家にいるなら、しっかり生活費を入れて貰う、ルール決めをしてある程度の年齢になったら
実家から出るようにするなど対策が必要なそうだ。

私なりの老後対策としては

なんでもいいから自力で稼げる方法を会得しておくこと

これは、ある一定の年齢になると本人に働く意欲と体力があっても
雇用者が雇ってくれなくなるんです。死ぬまで何かしら収入を得たかったら
自分で稼げるように修練を積んどかないと、手遅れになると思って。
今はネットをいじってますが、株でも、物を作って売るでもなんでも方法いいと思う。
それらのことって本当にお金になるまで時間かかるのよねーあともう一つ

質素に暮らす習慣を付ける

質素な暮らしに年収は関係ない。贅沢ぐせは現代の敵ですな(=_=)

本当は私も厚生年金が納められるようにするのが一番なんだけどな~

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

2016/06/01 15:01 節約書籍 TB(-) CM(-)
格安賃貸
格安賃貸都内最大級!【部屋まる。】 家賃三万以下コーナーに驚きの格安賃貸物件があります!本気の生活コスト削減は居住費攻略から!