お金を使わず楽しく生きる方法を探しています☆
プロフィール

ことり

Author:ことり
夫は完全自営業。

再婚を機に節約生活を研究しています。

外で仕事できない理由がありネットで収入を得て暮らしています。

年齢 40代 

家族構成 夫婦二人と猫+セキセイインコ

低コストライフ
節約生活の参考にしています♪
ブロとも申請フォーム
電子書籍読み放題
kindle アンリミテッド会員登録 月額980円で雑誌、本が読み放題。
検索フォーム
アクセスカウンター
                                         
夏、真っただ中という感じですが
私は毎年、夏になるとちょっと憂鬱になることがあります(=_=)
節約の話とは関係ないかもしれませんが、同じことを思う人がいるのではないか?
ということもあり一応書いてみます

まず、私は嗜好品とされる類の物がとても好きです

嗜好品の中で、唯一無くてもぜんぜん平気なのは煙草くらいです。

その他の酒やコーヒー、甘い食べものなどは
日常無いと無理。
そんなコーヒーが必需品の私にとって、夏・・・大いに憂鬱になる理由が

これw

IMG_5015_201608111315294f4.jpg

この写真を見て、あ~ と思う人が一体どれだけ存在するでしょうか!?

理由は氷です!

私は外で売られるアイスコーヒーの氷に憤っているのです(怒)

写真はとあるサービスエリアで販売されているもので、まだいいです。
氷が入ったカップに冷やしたアイスコーヒーを注いで手渡してくれます。

問題は コンビニです。

コンビニにてマシーンを使って100円でレギュラーコーヒーが販売されるようになってから
一体どれだけたつでしょうか・・・コーヒー飲みにとっては、あれは衝撃でした( ゚Д゚)
まともなレギュラーコーヒーが飲みたかったら、たっかいカフェに行くしかない!(外で)選択肢が
なかったのに、諦めず100円でどうにかなるようになったのです。まさに画期的。
特に甘い缶コーヒーが苦手で缶コーヒーに逃げることが出来ない自分には嬉しかった。

しかし・・・アイスコーヒーの提供方法を見てガックリ

熱いコーヒーを大量の氷に注いで急速冷却させる

私にとっては最悪パターンだったのです。

実は、コーヒーに関してはホットよりも夏限定になりがちなアイスのほうが難しい。
抽出方法も幾つかあり、どれを選ぶか?で味も大きく変わってしまいます。
ほとんどのコンビニが採用している、沢山の氷に濃く抽出した熱いコーヒーを入れるのは
やり方としては間違ってない。氷が溶けるのを計算し、二倍濃くしてるし問題なさそうですが
実際に最後まで飲む人間としては

半分あたりから何を飲んでるか分からくなって来る。

これ薄い麦茶????

最後には、ただ単に氷水。

泣きたい( ;∀;)

もともと、コーヒーが熱いために氷が溶ける速度も倍に
マシーンの関係から仕方ないんだろうけど、売る側の都合優先ですね。

コンビニの冷凍室にアイスコーヒー用としてカップに氷が沢山入ったのがずらっと並んでいるのを見ると
イラついて仕方ありません。
そして買わないし。

この外で飲むアイスコーヒーの氷問題はコンビニだけじゃありません。
あらかじめ作り置きし冷やしているドトールでもグラスに氷多すぎで最後は氷水状態ですw

でも、だからと言ってホットを選ぶのは暑すぎる

海外でスタバに値段の割には氷が多すぎで長く損させられたと
裁判起こした話がありましたね。


そこで、最近、救世主として浮上しているのが

ボトルコーヒー

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

熱伝導の良いアルミボトルに入ったブラックコーヒーです
これだとね、途中麦茶、最後は氷水の事態に遭わずに済みます(笑)
中のコーヒーがぬるくなってくるということもあるけど
ボトルのまま冷蔵庫でまた冷やせるし。

このテのボトルコーヒーがドリンク売り場で種類が増えていることからも
多分、私と同じことを考えて買ってるコーヒー飲みがいるんじゃないか?と思ってる( *´艸`)
お蔭で私の夏の憂鬱もかなり軽減された・・・

コンビニ経営の方でどうして思うようにアイスコーヒーが出ないのか疑問に思ってらっしゃる
オーナーさんがいたら、こんな理由です。ハイ。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

2016/08/11 14:02 未分類 TB(-) CM(-)
記事一覧
格安賃貸
格安賃貸都内最大級!【部屋まる。】 家賃三万以下コーナーに驚きの格安賃貸物件があります!本気の生活コスト削減は居住費攻略から!
スキンケア