無理のない節約を・・・
記事一覧
低コストライフ
節約生活の参考にしています♪
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
アクセスカウンター
洋服&靴
何かと買ってる~
お試し無料
安い眼鏡
スキンケア
                                         
NHKニュースで取り上げられた、貧困とされる女子高生の問題について
ネットニュースとして出た記事について読むと

<貧困>「貧乏人らしく」女子高生たたきの大誤解

文章は貧困関連の著書で有名な方です。



実際にNPOとして生活に困った人たちを助けているということで、現場を知ってる人ということで
「貧困」問題については、発言力がある方ですね。

私は取材を受けた貧困とされる女子高生について、なんか炎上しているなぁってことは
知ってましたが興味なくスルーしてました。テレビのやらせだと思ってた。
だけど、今回のニュース記事を読んで、貧困そのものの捉え方に問題があるとかで
ちょっと論点が変わってることに驚いた。

まず、貧困に

絶対的貧困と相対的貧困 という二つの

捉え方があることに驚き・・・知らなかったです(汗

絶対的貧困というのは、食うや食わずというような生命維持までも困難な状況で
相対的貧困というのは、その国の一般的生活とされているような生活が出来ているかどうか。

文章を寄せている藤田さんによると、NHKに出た女子高生は相対的貧困状態であると。
女子高生を批判する世間は絶対的貧困思想がベースにあり
だから1000円ランチを食べていたことが批判対象になるのだと。

実際問題~
平均年収があるとされる家庭でも1000円ランチは贅沢です(>_<)家族四人家庭でそのような
ランチを食べたらお昼ご飯だけで4000円ものお金が飛びます。
批判対象になっても、ちょっと仕方ないかもとは思ってしまう。

藤田さんの文章の中には「貧乏人は貧乏人らしくしていろ」というのは
懲罰的態度だと提起していますが、庶民としては

自分の意思で生活コストが下げられることがあるのなら
支援を受ける前に出来ることがあるんじゃないの?


って言いたい部分が大きいと思う。
女子高生が持っていたという高価なイラスト用のペンも、それより生活に必須なことに
お金回せるよね?って感じで。

これって、ただ単に
普通の暮らしが出来ているとされる人でも、日頃何かを我慢して生活が成り立つように
努力して頑張って生計を維持していることの現れでもある。
これを「貧困バッシング」とみなすのはどうなんだろう?

藤田さんの今回の文章を読んでいて
あたかも日本の中には相対的貧困しかないかのような印象も受けるけど
現在の日本の中では絶対的貧困と相対的貧困が混在しているのが現状で
今、問題になってるのは、絶対的貧困者の数が急増していることだ。

救済、支援 という活動をするのなら

まずは絶対的貧困のほうだというのは当然の話だと思うんだけどなぁ。

国の財政が原発事故の後始末でおかしくなって、福祉手当を削って
余計に生活困窮者が増加している状態で
わざわざ、NHKで相対的貧困者の現状を流しても視聴者には響かないだろう。

問題は、相対的貧困の女子高生に対しての批判というよりも
そのような人にも支援したいと思えないくらい、普通の人たちも生活に困ってるって
現状じゃないかなぁ(´Д`)

相対的 って視点はごもっともだと思うけど

何をもって正常とみなすか曖昧だ・・・・

相対的にというのなら、私だって最終学歴高卒だぞー
だからといって誰も助けてくれないのは明白だ・・・
平均値以下でも頑張って生きてる多数派の人間は共感出来なくて仕方ないと思うけどなぁ。

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

2016/09/04 12:45 未分類 TB(-) CM(-)
格安賃貸
格安賃貸都内最大級!【部屋まる。】 家賃三万以下コーナーに驚きの格安賃貸物件があります!本気の生活コスト削減は居住費攻略から!