2017/01/19

一年のうちで一番チョコの価格が下がる時

クリスマスが終わったら、今度はお正月。
お正月が終わったら、今度はバレンタイン・・・・と

一年のイベントごとというのは、呆れるくらい毎年お決まりで
それらに合わせて小売り業も合った商品を店に並べる。
ある程度、時期と商品が決まっているのだから、楽といえば楽だろう(´・ω・`)

今は2月14日のバレンタインが控えている。
大昔にチョコを売りたい企業が考えたことといってもこれだけ定着してしまったのでは
今さら、ナシにするというわけにもいかないと思う。

正月が明ければ、お店のあっちこっちにチョコが並び始めている。
ダイソーには、バレンタイン用グッズのあれこれが入り口の一番目立つところに配置された。
節約を気にしている人間には、また無用な出費か・・・あちゃー って
なりそうなところなんですが、実は悪いことばかりでもないんです

実は、 一年のうちで一番板チョコの価格が下落する時期なの

低価格スーパービッグAで、ちょっと見て来たわ。

IMG_5692.jpg

これ、バレンタインのときだけ出現する森永の板チョココーナーで
去年はもっと安かったような気がする 

とにかく、バレンタインのときは手作りのために板チョコを買い求める人が急増するので
いつもよりも大幅に安く販売されるのです

チョコは保存がきく食べ物

つまりバレンタインのときにチョコを底値でまとめ買い出来る!

節約志向の人間には良い話です

極端な話、この時にチョコ 一年分買い置き してもいいってわけw

普通なかなか、そんなことするとは思えないけど
物の底値でまとめ買いって節約方法のセオリーでもあるわけで。
とにかく、板チョコが一年のうちで一番安くなる。

一年のうちで安くなるというのは
お金持ちで有名な邱永漢さんの話を思い出します。



台湾で生まれ育った邱永漢さんはお母さんが日本人なんだけど、そのお母さんが市場で
仕事をしてる人だったそうで、その時の市場は正月の時だけ何でも
二割安くなるのがお決まりだったそうで、その時に邱永漢さんのお母さんは
一年分生活に必要な物をみんなまとめ買いして節約したんだそうだ。
正月になんでも買っとくだけで、二割の節約が出来るというわけ。
そのエピソードから、邱永漢さんのお金に対する才能ってお母さんの影響大きかったんじゃ
ないかと思った。普通、一年分の物を一気に買ってしまうなんて出来ない
そんな大胆な発想と行動が出来ることも、お金持ちになる人の要素かもしれないね~

スポンサードリンク にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

ブログランキングに参加しています☆