無理のない節約を・・・
記事一覧
低コストライフ
節約生活の参考にしています♪
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
アクセスカウンター
洋服&靴
何かと買ってる~
お試し無料
PR
スキンケア
                                         
家の猫の死がきっかけで、保護猫の里親になることについて情報収集して
実際に行動もしています。
現在、猫ブーム加熱の影響もあってか保護猫の里親になることについて関心が
高まってるように思います。実際に有名人の中でも保護猫を家族に迎えましたと
公表している人も沢山いますね。




ネットニュースなどで、ペットショップから猫を購入したなどの話が載っていると
付くコメントには、お店より保護猫から迎えて欲しかった!などの多数の書き込みが目立ちます。
確かに殺処分の問題は深刻だし税金の支出を減らすためにも
同じ猫を飼うなら保護猫からというのは、まったく正しい意見だと思うのですが
実際に里親希望者の立場で動いてみると、え~っと知らなかった世界がいろいろ見えて
安易に保護猫から!とは言えない事情も。

実は、家に猫がいたので、それがかえって猫への無関心に繋がっていました。
他にまた飼う気がまったくなかったので、保護猫活動のことなどもよく調べなかったのです。

保護猫の里親になりたい場合、じゃ~どうしたらいいか?と私が
一番最初にやったことは、里親募集をしている猫カフェに足を運びました。
うちの子と顏が似た子がいたので会いたかったんです。
猫カフェには、里親を募集している猫が多数いて同じ空間で一定の時間一緒に過ごし
自分に合う子を探せるので、なかなか理に叶ったシステムです。
最初に行った猫カフェの中で好みの子がいたので、代表の方に里親希望をしたのですが
思わぬことがハードルになりました。それは多頭飼いじゃないってことですΣ(゚д゚|||)
代表者の方が猫の多頭飼い推奨者さんだったんです。
家は一匹しか飼うことは出来ません。諦めました

保護猫の里親になる場合、とっても重要になるのが

譲渡条件

かなり細かい、里親になるための条件の取り決めがありまして
その条件を満たさないと、保護活動者から猫を譲渡して貰えません。
主な内容は、飼育住居について、家族状況、完全室内飼いが可能か・・・などなど
里親募集のHPには必ず掲載されていますので、読んでみて下さい。
想像以上に厳しいことに驚きます。
中には子供がいるとこはダメとか。
ネット内で他人の感想はどうなのか検索してみると、やはり厳しい条件に驚いている人が多数。
この条件をいったいどれだけの人が満たせるんだろうか?と。
これでは、一人暮らしのOLさんなんて完全アウトじゃんwとかって。
譲渡条件については、譲渡側の人の考えによって差が大きく内容もまちまちなんです。
一人暮らしのOLさんの場合も、留守番出来そうな子を提供してくれる団体さんも存在しますので
諦めずに、自分と相性がいい募集者を見つけたほうがいいと思いました。

猫カフェで撃沈した家は
次にネットでの里親募集を見始めました。猫の写真と一緒にその子の状況と募集者の希望が
書いてあります。その子その子特有の条件が存在します。

---里親募集サイト ペットのおうち---

保護猫の場合、お店の子猫と違って状況が多種にわたり年齢もバラバラですし
元野良も沢山います。そして、保護猫の場合、保護猫ならではの特徴を知りました!

それは、二匹セットになっていることがある。

親子や兄弟、はたまた保護施設内で仲が良いからなどの理由で
二匹とも迎えて欲しいという話がかなりあるんです。そんな場合、家のように一匹しか
引き取れない家庭は断然に不利で、二匹一緒でOKな家庭が優先されます。当然の話ですね。
外猫の場合、親子や子供で兄弟が寄り添って発見されることが多く、
今後の相性のことなども考慮して仲の良い二匹が幸せだってことになるみたい。
先住猫と後から来た子との相性の問題は深刻なので、最初からそんな心配を減らせる
メリットがありますし、本当にずっと仲良く生活するようです。
家が二匹目に希望した子もセット問題でダメになりました。里親希望も二匹同時にお迎えが可能であれば
強みになると思います。

里親希望をする前によくよくサイトに書いてある、募集者の理想と自分の家庭環境が
どれだけ合致するか確認してから、希望したほうがお互いにロスがなくスムーズにいくと思いました。
猫の性格もいろいろで、猫なのに猫ぎらいも存在します。そんな場合先住猫がいたら
お迎えしても難しいでしょうし、募集者も嫌がります。

お宅訪問

保護猫の場合、猫と対面しお迎えが決まっても、すぐに連れて帰ることが出来ません。
たいていの場合、後日保護活動者が譲渡先を訪問し
本当に猫を渡して大丈夫なのか 確認作業を要します。
そして玄関先だけでは済ませてくれません。室内に異常がないか?もチェック。
これは、保護猫が室内で虐待を受けていた事件などがあったせいで
保護活動者さんたちも、相当に神経をとがらせて心配している結果なのです。

私は今回のことで、お金でなんでも安易に物事を満たしていたことに気が付き
楽しすぎていたのかも と考えさせられました

---ペットシェルター ---

ここは、里親希望者が誓約書をかわせば動物を連れて帰ることが出来るそうです。

IMG_5857.jpg

ネットに猫を探すなら保護猫からって批判的に書いてる人って、本当に自分がやったこと
あるのかなぁって
本当に保護猫を迎えて飼ってますって人の方が、お店の子も売れ残ったら殺処分行きになるので
お店否定はどうかと思うと書いている・・・・私もそう思う。
譲渡条件の厳しさから仕方なく、お店を選ぶ選択をする人も沢山いると思うのですよ。

家もまだ里親活動経過途中なので、見えてないこともあると思うけど
今んとこ、こんなことありましたって感じで何事も実際に首をつっこんでみないと
分からないことだらけですね(笑)

関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

2017/03/14 14:20 未分類 TB(-) CM(-)
格安賃貸
格安賃貸都内最大級!【部屋まる。】 家賃三万以下コーナーに驚きの格安賃貸物件があります!本気の生活コスト削減は居住費攻略から!