2017/05/30

1円10円の節約が笑えなくなってきた

物の値段に凄く細かい人がいる。

確かに、同じ商品でも店によって価格に違いがあり
数円の差というだけでなく、50~100円程度の差があったりする。

価格差の理由はさまざまで、ちゃんとした理由が存在するのだけど
物の値段なんていい加減、結局は売る側の判断一つ。
買う方は、その値段で買うか買わないかだけ。
この些細な物の価格差について、気にする人、気にしない人
その人による。コンビニの定価ドリンクを躊躇なく毎日買う人。
他の値段を思い浮かべて買わない人、どちらも存在する。

些細な価格差を気にするタイプの人は常に頭の中に
どこの店が今、一番安いかのデータが入っているので
欲しい物が出てきた場合、最安の店で絶対に買おうとする。
その店がどんなに混んでても、遠くても
高い店で同じ物を買うなんて負けだ!くらいの勢いで、最安店に向かう。
そこには、たいてい店に行く時間と労力の計算は入っていない。
たった20円の差に数時間潰してどうするの?と思っていたが

本気でお金に困ってくると、そうも言ってられないようになってきたΣ(゚д゚|||)

ちょっとした価格差なんて、洋服一枚我慢したほうが、よっぽどお金が浮くじゃんね?
時間も浪費しないし~と思ってた。

でも洋服買うのもどうかレベルの経済状態に陥ってくると
感覚がさらに変わってくる。

食材の10円20円レベルの価格差が一か月単位だと
カフェでお茶が飲めるくらいになってくる。

いい歳の人間が買う物なんて、毎度決まってくる。
買う物が決まってるから、値段の差も自然に気になる。

ただ、小さいお金に固執するタイプの倹約家は
大きなお金が動く時に信じられないくらい無頓着になり
貯金があるせいなのか、まとまった金額をドーンと払ってしまったりするのを見て
あれは普段のちみちみ努力を砂の城を波が一瞬で押し倒すごとく
勿体ない行為なので、反面教師にして自分も気を付けようとか考えたけど
収入そのものが少ない貯まらない、ちみちみ節約ケチにはそんな心配は無いのであった。

スポンサードリンク にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ

ブログランキングに参加しています☆