無理のない節約を・・・
記事一覧
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
LDKベストバイ
200g430円☆LDKでA評価ランク一位獲得アイテム☆ 紹介記事はコチラ
猫部
体にカイロが入れられます♪ <YOU+MORE!夢のもちふわ触感 もっちり子猫ポーチの会> フェリシモ「コレクション」
アクセスカウンター
欲しい物
自己紹介<マキ>
10年前に結婚を機に関東に来ました。 出身は関西です。 独身の時は金融機関勤務。 主婦になってお金のことに悩み、生活費を節約するには どうしたらいいのか? 書き始めたのがこのブログの始まりです。 元々節約スキルは著しく低かったです。 節約をどうしたらいいのか、本や主婦雑誌や 独身が長かった夫に教えて貰ったりしています。 <家族構成> 夫婦二人 子なし セキセイインコ一羽 保護猫一匹 40代夫婦
在宅ワーク
バターが店頭にやや戻りつつあると思いますが
バターが体に悪いと言われたのは
もう過去のことになりつつあるようです。

バターよりも健康に良いと一時期言われた
マーガリンが実は健康に良くなった事実が判明して問題になっています。
マーガリンが健康に良いとされた理由は単純に植物油から
作られた物だったから。
動物性のバター(生乳から作られる)は健康に良くないとされた。
牛肉や豚の脂のように。
しかしマーガリンに多く含まれるトランス脂肪酸がコレステロール値を上げ
心臓病の原因になったり、体内で代謝されず残るとか
様々な健康弊害が明るみになるにつれ規制する国まで出来たそうな。
日本でも有名メーカーがトランス脂肪酸対策に使用油を変更したり
トランス脂肪酸を含む食品は取り扱わないなど、対応をやっている。

マーガリンと同じくショートニングもトランス脂肪酸を多く含み
食品に沢山使われていることから気を付けたい食材。
ショートニングはショートケーキの名前の由来にもなってる材料で
真っ白で油脂でありながら安価、軽い食感でケーキ類などに重宝される。
バターだとくどい味になる焼き菓子もショートニングを使うとあっさりサクサク軽くなる。
お菓子の材料専門店で缶に入って売っている。



トランス脂肪酸が体内で消費されにくく肥満の原因になるのが問題だよねー
ってことで出来ることなら避けたい。

トランス脂肪酸を多く含む食品っていうのが
アイス、クッキー、チョコ、ドーナツ、菓子パンなどなど

どれも私の好物で ( ;∀;)

普段、よく買って食べているものばかり
どうりで年々デブに拍車がかかるわけだと非常に納得

20150613193315370.jpg

ここ最近、おやつはバナナだ!!

マーガリン、ショートニングを多く含む洋菓子系の食べ物はトランス脂肪酸のことだけでなく
値段が高い(笑)

健康を理由にチョコ、ケーキ、アイスを避けて暮らせば
必然的に出ていくお金も減るのでは!?


と思い、買わずに済ませている(;´Д`)
疲労を感じると、ついついクリームの付いたケーキなど買って食べてたけど止めてる。
ただ、トランス脂肪酸対策にケーキ類が全部アウト!なのかというと
そうでもなく100%まともなバターで作ったのなら大丈夫なのだ(´・ω・`)
構造が単純な純正バターは体内で即エネルギーとして消化される。
運動で消費出来るのなら食べて全然問題ない。
人が長い間食べ続けている食材でもあるので、安全だと思う。問題は摂取量。
健康面だけ考えたら、スーパーで無塩バターを買って来て
自分で作ったケーキやクッキーは食べてもOK。

お店で売られている菓子類は販売価格を抑えるためにバターの使用はムリなので
マーガリンやショートニングが多用されている。

それと!油類もサラダ油やごま油にもトランス脂肪酸は含まれていて
エクストラバージンオリーブオイルが大丈夫で
一時期料理にサラダ油ではなくオリーブオイルを使えって盛んに言われたことがあって
あ~そうゆうことだったんか・・・とw

まぁ早い話、人工的な食品には問題があったということで。

どんな理由にせよ

高い食べ物を食べる気が失せる っていうのは

お金の面にはいいことだと・・・・


関連記事
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

2015/06/15 13:26 未分類 TB(-) CM(-)
スキンケア